読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのなつ日記

毎日、色々な事を考えてます。

世の中は、カツ煮丼で溢れている。

前回の投稿で、「牛丼と親子丼とでは、同じ丼物だけれど、その思想は全く違う」という話を書いた。

この辺、チャンとしていないカツ丼屋さん、多いんじゃないの~(¬∀¬)σ。
あんたの作っているソレ、カツ丼じゃなくて、カツ煮丼ですから!( ̄△ ̄)

まあ、カツ煮丼はそれはそれでおいしいよね。

実はカツ丼とカツ煮丼は、別々に出来たという説がある。

カツ丼は早稲田の学生に食わせる為に、近所の何とかって店が始めたと言う説が有力。
それとは別に、山梨だか静岡だかに元々”カツ煮”と言う食い物があって、それを丼にしたのがカツ煮丼。

愛知はカツ煮勢力に飲み込まれたので、名古屋のカツ丼はほとんどがカツ煮丼。
コロモがパリッとしてないぜ!
でも、名古屋の人はその方が好きそーだよね?
(↑極めて、個人的な思い込みだけど 。Σ⊂( ̄□ ̄~j)

大阪は、東京のカツ丼が飛び火したので、ちゃんとしたカツ丼だよ。
でも使っているのは、玉ねぎじゃなくて、普通のネギなんだよ、知ってた?
東京っぽさを出す為なのか?

P.S.
写真はらんぷ亭の「カツ丼カレー」(笑)。

初めて喰ったぜ、こんな喰いモン。
でも、意外といける(⌒▽⌒)V。

もう少しカレーがスパイシーだと、甘めのカツ煮とのコントラストが生えるのになぁ。
今度、家で作ってみるかー。

467133_446623498765151_387275598_o