読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのなつ日記

毎日、色々な事を考えてます。

丼物は、一筋縄ではない。

コラム 食コラム

牛丼と親子丼とでは、同じ丼物だけれど、その思想は全く違うんだよ。

牛丼は牛肉の甘辛煮とご飯の一体感を楽しむ為のモノ。
ネコまんまと同じ発想。
汁が染み込んだご飯の旨さってたまらないでしょ?

片や、親子丼(カツ丼も)は、ご飯と具は別盛りと同じ感覚。
口に入れる瞬間に両者を一体にして、口中調味を楽しむ為の形。
ご飯はあくまでも白米の旨さを保っていなくてはいけない。

親子丼の元祖、人形町の「玉ひで」を食べてみればわかる。
と言うか、主人が最もこだわっているのがそこらしい。

玉子部分の上の方は、トロトロの半熟状態だけれど、ご飯に接する部分はしっかり固めてある。
そうする事によって、ご飯がしんなりするのを防いでいるらしい。